認知症でも早ければ回復する!

スポンサーリンク


Bucket List: Item 3 / Woody H1

読売新聞(2017年6月7日付朝刊)によれば「軽度認知障害(MCI)」の高齢住民を4年間追跡調査の結果、認知症が進んだ人が14%で正常に戻った人が46%だったそうです。発表したのは愛知県の国立長寿研究センターです。

この調査は65才以上の大阪府住民、約4200人を2011年から4年間追跡し、認知機能を検査したものです。

当初は約740人が軽度認知症と判定されていたのですが4年後には46%の人が正常に回復しました。

この研究からわかることは

「高齢者でも認知機能が下がる一方だとは限らない」島田裕之・予防老年研究部長

やはり認知症の予防は有効だということですね。運動教室など大阪府の認知症予防に熱心な啓蒙活動が影響を与えた可能性があります。

見逃せないのは

最初の検査で「認知機能が低め」と判定された人が生活習慣を改善したことで効果がでた可能性がある(山口晴保・群馬大名誉教授)

認知機能が低いとわかってから認知症予防を始めても効果があるということですね。

気づいて、今から認知症予防を始めても間に合うということです。勇気づけられますね。

参考リンク

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

予防老年学研究部 | 国立長寿医療研究センター

山口晴保研究室


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする