高齢者とロボット


Terminator Exhibition: Cameron Phillips / Dick Thomas Johnson

あのトヨタが高齢者向けに対話ロボットを開発中というお話です。

2020年をめどに高齢者を対象に会話ができて認知機能に良い影響を与えることができるAI(人工知能)を盛り込んだロボットができるそうです。

今までにも様々なロボットがでてきました。よく覚えているところではソニーのアイボがあります。いまでも大切にしているお年寄りが多いそうです。ロボットとはいえいつも接触していると愛着がわきますよね。

その後もソフトバンクのペッパーくんとかありましたね。


HONDA ASIMO / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

アシモくん最近見かけないですね。

ロボットの短所といえばアキられやすいというところではないでしょうか?

どうしても同じパターンの会話や行動の繰り返しになりそうです。そのあたりが本当に受け入れられるかどうかのかぎになりそうです。

もしオーナー(高齢者)の趣味の話ができたり、おおげさにいえば歴史の話とかできたら面白そうです。結局誰にでも受け入れられることを狙うより、高齢者やひとり暮らしの人というふうに対象を絞り込んだほうが可能性はありそうです。いわばパーソナルロボットですね。

一定期間訓練?して予備知識を覚えさせることもできそうだし。

男性のお年寄り向けにメイド型ロボットがあればいいのに(笑) ラムちゃん風とか(妄想です すみません)動物のヌイグルミ型ロボットより受けそうだし、なによりボケ知らずでいられそうです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする