散歩・ウオーキングを始めよう

スポンサーリンク

歩くことがどれほど体に良いか、今更ではありますがどうしても普段は車に頼りがちです。近くのコンビニもスーパーもいつの間にか車で行くのが普通になりました。もう少し若いときは自転車でした。ようするにずっと歩いていないですね。

ウオーキングが認知症予防に有効なのは間違いありません。それだけではなく健康寿命を伸ばすことにも貢献しています。


Walking / allenthepostman

歩くことを趣味にする

歩くことを趣味としてはっきり位置づけないと普段の習慣から抜け出せません。私みたいに犬が2匹もいると朝、晩の散歩は欠かせません。果たして犬がいなかったら、、。まず歩かないでしょうね。

では面倒くさがりでペットも飼っていないあなたはどうすればいいですかね。

まずカミさんを誘ってみましょう。相手にされていない方は一人で時間を決めて出かけましょう。

目的地を決めましょう。適度な距離の公園、ショッピングセンター、コンビニ、ホームセンター、なんでもいいです。とりあえず出かければ意外な発見があります。

意識して観察してみましょう。面白い発見があるかもしれません。

1階から7階まで友達のいるじいさん

以前、あるスーパーでパートをしていた人から聞いた話ですが、1階から7階まで友だちがいる爺さんの話を聞きました。ショッピングセンターとかでよく暇そうに一日中、休憩用ソファにすわっている爺さんがいますよね。でもその有名な爺さんは全てのフロアにお気に入りの特に年配のパートさんを見つけて話友達を作ったそうです。土日以外はほぼ毎日やってきたそうです。なぜ土日が休みなのかは謎でした。

ちゃんと暇な時間に話しかけてくるのでついつい相手をしてしまうのだそうです。そのうちそれが日常になったそうです。りっぱなボケ防止だとみんなで話したそうです。真似するのはとうていむりですが目的があるのは良いですね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする