イチョウ葉エキスとは

イチョウの木の緑葉から抽出したエキスです。あの銀杏の実でおなじみですね。具体的にはイチョウの葉を乾燥させ、アルコールなどをもちいて抽出します。

海外ではイチョウ葉から抽出されたイチョウ葉エキスを医薬品として利用している国もあります。また、中国でも古くから漢方薬としても知られています。ただし注意点として医薬品として認められているヨーロッパ製品だというだけではわかりません。同じイチョウ葉エキスでも医薬品と健康食品と2種類あるからです。並行輸入のサプリメントも多く出回っていますがほとんどが健康補助食品となります。よく確認しましょう。

イチョウ葉の効果・効能

イチョウ葉には脳の血流を増やすことで神経細胞を元気にし、記憶力の向上します。そのため特に、認知症の予防などで注目されています。

イチョウ葉の成分

活性酸素を抑止するギンコライドやフラボノイドが含まれています。

イチョウ葉の主な成分

ギンコライド
フラボノイド
テルベノイド
カテキン
シアドピチジン

※ヨーロッパ、特にフランスでは医薬品の中でも人気のあるサプリです。ほとんど薬として認識されています。また、イギリスやアメリカでは健康食品として広く知られています。

※イチョウ葉エキスは血流を良くする機能から様々な分野で期待されています。脳の若返り、脳血管障害の改善、物覚えの向上などです。しかし注意しなくてはいけないのは副作用が報告されていることです。脳に良いからといって大量に摂取することは危険です。

イチョウ葉エキスの副作用とは

必要な栄養は食事で摂取・足りない成分はサプリで補給

認知症予防サプリメント


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする