介護施設の種類・公的と民間施設の違い

スポンサーリンク

介護施設にも多くの種類があります。民間施設と公的施設があり、介護の度合いやタイプにより必要なサービスを提供している施設も異なります。また、かかる費用も大きな幅があります。

介護施設・公的なものと民間介護施設の違い

公的な介護施設とは

公的施設は介護保険施設や福祉施設があり、国、地方公共団体、社会福祉法人などが運営主体となります。

特徴:国が補助金を出して設立しているため費用が比較的安価になります。そのため入居希望者が多く、入居を希望してもすぐに入れるとは限りません。また、入居のための基準もきびしいです。

代表的な公的介護施設

■特別養護老人ホーム

※特養と呼ばれている施設で費用の安いのが特徴です。

■介護老人保健施設

※老健と呼ばれていてリハビリが主目的なため入所期間が長くて1年と限られています。

■介護療養型医療施設

※療養病床と呼ばれ、慢性的な症状に対して療養を行うことが主目的

■ケアハウス

※軽量老人ホームC型と呼ばれ、比較的低料金で利用できる施設で近親者からサポートを受けることが難しいなどの条件を満たした高齢者が利用できます。

■養護老人ホーム

※社会復帰が前提の経済的弱者で高齢者が対象の施設です。そのため基本的には介護サービスは提供されません。

民間の介護施設とは

民間の企業によって運営されています。サービス内容も豊富で訪問介護事業や通所介護事業、老人ホームなどを行っています。

特徴:費用がピンキリで比較的入りやすいです。ただ、種類、質ともに幅が広いため慎重にタイプと費用を検討して施設を選ぶ必要があります。

■有料老人ホーム

※有料老人ホームは住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの2種類があります。

■サービス付き高齢者住宅

最近増えているのがこの「サ高住」と呼ばれているタイプで介護保険と連携してデイサービスなど外部の事業者があります。比較的生活の自由があり、住宅によっては賃貸物件のような契約で提供されるサービスや価格を選ぶ幅があります。

■グループホーム

認知症の高齢者が共同生活するための施設です。介護度によっては(要介護度が高く重症の場合)入居ができない場合があります。

私の家族はこの中のサービス付き高齢者住宅と介護療養型医療施設を経験しています。特にサービス付き高齢者住宅はこの先自分もお世話になる可能性がありますのでメリット、デメリットを詳しく掘り下げたいと思っています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする