遠距離介護はペースがむづかしい

スポンサーリンク

2017年の暮から自分のベースを自宅に移動した。それまでは単身で実家にいたわけだ。母が入院してから1年半たった。毎週の病院通いもできなくなった。病院に行っていたとき、半年前から母の反応がほとんどなくなった。通うのもちょっと切ない。

介護はしなくなったけど実家の維持、整理はどうする?

実情は遠距離介護というより実家の往復になってきた。父親がなくなったときは後の整理がかなり大変だった。母親の状態が普通ではなかったのでなにを聞いても要領を得ない。お隣さんに教えてもらうような状態だった。

そんな事があったので普段から家の整理はできるだけやっておかないとおもっていたのだが。

いざ整理しようとしてもなにから手をつけてよいやら、迷ってばかりだ。

1ヶ月ちょっとでも家の庭に雑草が生える。冬場は良いけどこれから夏に向かうと大変だ。実家に帰ってまず草むしり、それから伸びた木の枝切り、1~2週間の滞在だと病院通いとこれだけで精一杯になってしまう。実家には飛行機で帰るのだが、車がないと大変だ。実家にいたときはもちろん車があったのであまり気づかなかったけど、なにをするのも車がないと大変な生活になる。

まず病院へ行くのも電車の時間に合わせていかなくちゃいけない。それまでは看護師さんも一段落する午後2時過ぎと決めてたけどそうも言っていられなくなる。

冬は灯油が買いに行けなくなる。電話すれば配達してくれるところもあるんだろうけど。ついおっくうになる。歩いて10分のところにある食料品スーパーが3月で閉店だそうだ。次回行ったらもうないということだ。高齢者はどうするんだろう?お隣さんは宅配の食事を頼むと行っていたけど、だんだんそうなるのか。地方都市の現実がよくわかる。

さてかたづけはどうする?だれにも使われなくなった高価なマッサージチェア、一人で運べない一枚板の和テーブル、倉庫にぎっしりある布団や食器、いざ自分でやるとなると片付けというのは大変なことだ。

普段の自分の身の回りだって片付かないのに。どうすればいいんだろう?まずかたづけのマニュアル本を買ってくることにしよう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする