認知症予防の薬にはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

残念ながら認知症を予防する薬というのは今のところわかっていません。抗認知症薬として認知症の進行を遅らせる、改善させるための薬ということになります。

有名なものでは「アリセプト」があります。「アリセプト」は認知症を予防するというよりはアルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症の進行を遅らせる薬です。

物忘れ外来などに行き、アルルハイマー型認知症と診断されると多くの場合、抗認知症薬をすすめられます。

アリセプトという名前の由来は「ARI」はAlzheimer(アルツハイマー)、「CEPT」は受容体receptor(レセプター)に由来しています。ドネペジル塩酸塩の商品名が「アリセプト」と言い、高認知症薬としての販売は1999年に開始されました。すでに特許も切れ、現在では多くのジェネリック医薬品が安価で手に入る用になりました。

他にもガランタミン、商品名「レミニール」(海外では早くから発売されていましたが国内では2011年に発売されました。)やリバスチグミン、商品名「イクセロンパッチ」「リバスタッチ」も2011年に発売されています。

これらの抗認知症薬はどれが良いかとなるとなかなか難しく、人によって効くものや副作用が強く出たりすることもあります。

※私の母の場合もこれらうち一種は吐き気などの副作用がひどく、種類や処方量を変えてもらいました。身内の者が医者とよくコミニュケーションをとりながら治療することが大事だと思いました。

※2016年現在では認知症の予防薬は期待できませんが、研究が進み、生活習慣の改善で相当予防できることもわかっています。中身は成人病の予防とほぼ共通しているので積極的に運動や食生活の改善に取り組みましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする