親の認知症は子供に遺伝する?

遺伝が心配

結論から言えば心配はいりません。アルツハイマー病の遺伝子解析も始まったばかりで有効性はまだわかりません。遺伝との関連性が調べられないから心配ないというのではありませんよ。大きな理由として2つあります。

認知症の遺伝を心配しなくていい理由1

遺伝が疑われる若年性アルツハイマー病は約1割、そして遺伝子変異であるとはっきり解っているのはさらにその半分くらいと言われています。つまり全体の5%程度ではないかと思われます。薄毛の遺伝確率より圧倒的に低い確率です。(薄毛の方すみません)

理由2

認知症の予防がとても有効だということがどんどんわかってきました。親や近親の方が認知症になったからといって自分の将来を悲観するより、認知症予防を心がけながら前向きに生きたほうが間違いなく認知症を予防します。

具体的に言えば毎日のウォーキングを30分続けるほうがあれやこれや思い悩むよりはるかに健康的に年を取ることができるのです。

もちろん水泳やエクササイズでも良いです。有酸素運動を継続することはなにより認知症予防に効きます。

暴飲暴食を止め、和食中心に切り替えて、わからない時は糖尿病や高血圧に悪いものを避ける、それくらいの日常生活の注意と、できる範囲で有酸素運動を続ける、そうして精神も肉体も健康的になりましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする