キューピーの卵黄コリン

最近レシチンが注目されているので聞いたことがある方も多いでしょう。そのレシチンは卵黄の中に多く含まれています。レシチンの成分でコリンに大事なパワーが含まれていると言われています。

※コリンとは「ホスファチジルコリン」のことです。

とりあえず公式サイトを確認したい方はこちら

>>レシチンのパワー!卵黄コリン

キューピーの卵黄コリンはこんな方におすすめです。

60歳を過ぎた頃から急に物忘れがひどくなったけど生活に支障はない。今も特に大変な持病があるわけではない。でも、だんだん何をするのも億劫になってきて、このままちょっとずつ元気がなくなって歳を重ねるのが不安。

日本人の平均健康寿命をしっていますか?

日本人の平均寿命は順調に伸びてきました。それとともに高齢への不安も増えています。なぜなら健康寿命はそれほど伸びていないからです。日本人の平均的な健康寿命は70歳位だと言われています。せっかく平均寿命が80歳を超えても残りの10年位は寝たきりや病気で不自由になる可能性が高いということです。

レシチンには昔から知られたパワーがあります。そして卵黄レシチンのサプリが「卵黄コリン」です。発売はなんと1995年です。長く売れ続けるには理由があります。卵黄レシチンを卵のスペシャリスト「キューピー」が卵黄コリンとあわせて摂ったほうが良いと言われるビタミンB12をこだわり抜いた配合で作っています。

コリンが認知症予防で注目

最近再びコリンが注目されています。コリンが血圧を下げるだけでなくアルツハイマー病の予防に役立つのではと期待されています。

コリンで認知症予防
認知症予防で話題になっているコリンとはアセチルコリンのコリンを言います。このアセチルコリンは脳内の神経伝達物質のことで、コリンはアセチルコリ...

キューピー卵黄コリンの特徴

卵大好き会社のキューピーが作って通販しています。

卵にこだわりのあるキューピーですからコリンのサプリでは安心感が違います。

コリンは一緒に摂取するビタミンとのバランスが大事

卵黄コリンを単独で摂るよりビタミンB群をあわせて摂ることがよいとわかり、キューピーはその配合にこだわり抜いています。

コリンとビタミンB12

コリントビタミンb12をあわせて摂ることが良いとわかっています。そのためキューピーの卵黄コリンはビタミンb12に加えて亜鉛、ビタミンEも組み合わせています。

コリンの副作用について

普通に(定められた摂取方法、量)摂取していれば副作用の心配はありません。ただし、過剰摂取した場合は嘔吐、下痢、胃腸の不調などの可能性があります。

悪い口コミ・評判

発売されたのが1995年ですからすでに20年以上がたっています。その割に悪い評判が見つかりません。というかロングセラーは伊達ではないということでしょうね。一部で誤解されているのが卵だからコレステロールのとりすぎになるのでは?という疑問です。昔はそういった議論もありましたが厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」ではコレステロールの摂取上限量を撤廃しました。つまり食事からのコレステロール摂取と血清コレステロールにははっきりした関係性がある研究はない。という結論になっています。

キューピー卵黄コリンの口コミと評判

・主人95才、私89才。こんなに長生きするなんて、、」キューピーの卵黄コリンとヒアルロン酸を飲んでいます。

・卵黄コリンの力の強さを改めて思い知りました。これからも安心して飲み続けていきたい、、

・朝、「もう朝が来てしまった」と起きるのが辛かったのですが今では「さぁ朝だ」と目覚めが軽く家事、行事、仕事、遊びと何をやっても楽しいほど体力がつき、調子が悪かったのがウソのようです。、、すごくうれしいです

公式サイトより口コミを抜粋

卵黄コリンの通販はこちら



>>レシチンのパワー!卵黄コリン

※地味ですが配送でポストに入れてもらえるのは嬉しいですね。私は一人暮らしなので宅配便だと時間とか気を使うのでポストに入れてもらうのが助かります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする