ココナッツオイルで認知症予防

ココナッツオイルがアルツハイマー病の予防に注目されています。アメリカ人医師がココナッツオイルを食事療法に使用することで認知症が改善ができると提唱しています。


D?u d?a / Phu Th?nh Co

ココナッツオイルの主成分であるケトン体がグルコースの代替品として働くのではないかといわれています。アルツハイマー病になると脳の神経細胞のエネルギー源であるグルコース(ブドウ糖)が使えなくなり、エネルギー不足で認知機能に様々な障害を起こすと言われています。

※アメリカでは3人に一人に効果があったというデータがあるようです。中には4時間で効果があったという驚きの報告もあります。しかし日本にはまだ確かなデータはありません。過大な期待はあれですが健康によいので摂取を心がけるのは良いですね。摂取方法としては食事として摂りいれば良いので難しくはなさそうです。

ココナッツオイルの効果

認知機能の改善や様々な生活習慣病の原因の一つと言われるトランス脂肪酸を使わなくてすむことで健康に良いと期待されています。

生活習慣病(動脈硬化や血管障害につながる病気)の危険性があるのではと指摘されているトランス脂肪酸(トランス脂肪酸はそもそも天然に存在しないもので人工的に創りだされた脂肪酸です。そのため体内では代謝されにくいものです。)を私達は普段の食生活で知らず知らずのうちに体内に取り入れています。

代表的なのはマーガリンや植物油を謳ったトランス脂肪酸を含むオイル類、レトルト食品、クッキーやスイーツ類など多くあります。近年危険性が指摘されて海外では多くが規制されるようになりましたが日本ではまだ規制が緩く、多くの食品に含まれています。

ココナッツオイルの選び方

化学薬品や添加物が含まれてないものが良いです。エクストラバージンのココナッツオイルやオーガニックの認定があれば更に良いと思います。

ココナッツオイル人気ランキング

ココナッツオイルのレシピ

カレーなどはいかにも合いそうで食欲もそそります。他にも和食、そしておやつにも合うレシピが沢山発表されています。

ココナッツオイルのレシピ 1253品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが180万品

ココナッツオイルに関する本

ココナッツオイルに関する本

ココナッツオイルでアルツハイマーの改善・予防や健康法、レシピなどに関する本です。

必要な栄養は食事で摂取・足りない成分はサプリで補給

認知症予防サプリメント


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする