認知症を自覚する方法

認知症に自覚症状はあるのでしょうか?結論から言えばあると思います。しかしどんな基準を持って認知症というかはなかなか難しい問題でもあります。


Origami Bogota 2013 (87) / georigami

専門医に認知症とはっきり診断されてそこから「はい認知症ですよ」となるわけではありません。様々な認知機能脳の障害とまでは言えなくても物覚えが悪くなるとか徴候があります。その中で自覚できる症状としてはやはり記憶力が一番わかり易いと思います。

認知症が自覚できるなにか良い方法はないだろうかと考えたことがあります。親を見ていて気づいたのですが実家ではチラシをゴミ袋に折っていました。昔、話題になったことがあるので知っている人も多いでしょう。その時は大した興味もなくふ~んという感じで見ていました。

ある時自分のデスク周りを整理するのに小さなゴミ箱がほしいなと思いました。でもかさばるのは嫌だし、そんな時に実家で見たチラシ製のゴミ箱を思い出し、実際つくろうとすると教わったのですが全く思い出せません。そこでネットで調べてようやく理解しました。

自宅のある地域は生ごみの収集日は週2回です。それに合わせて小さな紙のゴミ箱ごと捨てます。つまり週に2回ゴミ箱をつくります。

作り始めて数週間したころ不意に作り方を忘れてしまいかなり焦りました。いったん忘れることにして翌日再度試したらなんとか思い出して作ることが出来ました。ものすごくほっとしました。

思いつきました。実家では母親の作る料理の味をチェック(味付けが変になった認知症の疑いあり)、チラシ製のゴミ箱がなくなっていたら父親(父親がいつも作っていた)の認知症の疑いがチェックできるということです。もっとも、両親の片方がそれ以前に相方の異変に気づくでしょうが。

それより自分の認知症の自覚に役立つと思ったのです。ゴミ箱の折り方は単純ですが手順はきちんと覚えていないと適当ではなかなか作れません。これは日常の中の記憶力自覚チェックになるなと思いました。

ただ、問題はゴミ箱が作れなくなった時、すごいショックとともにおそらく自分は作れなくなったことを隠すと思います。カミさんに「私もとうとう認知症になったかもしれない」とは絶対に言わないと思います。ま、自覚とは別の問題ですけどね。

参考サイト

『広告チラシで折るゴミ箱』で便利&エコ [家事] All About


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする