イチョウ葉エキスの副作用

イチョウ葉エキスにはよく知られた副作用があります。医薬品ではなくサプリメントなどは国によって成分や処理方法の規制など様々な違いがあります。サプリなどの購入前に知識として確認しておきましょう。

イチョウ葉エキスとアレルギー

イチョウ葉エキスにはギンコール酸が含まれているのですがこれがアレルギー源であるともいわれています。なんらかのアレルギーを持っている人は注意が必要ですね。

服用する場合はサプリメントが多いかと思いますが、サプリを服用して副作用が出たというのは殆ど無いと言われています。この殆どという表現が微妙で気になるかと思いますが、調べた結果、少ない例ですがジンマシンやお腹を壊す、頭痛が起きたといった例も見受けられました。因果関係がはっきりしないので必ずしも副作用とは言い切れないかもしれません。

※イチョウ葉エキスのサプリメントの場合、日本ではギンコール酸除去の義務はありません。できればギンコール酸除去済みという明示されたものを選ぶほうが良いと思います。なお、日本健康・栄養食品協会ではギンコール酸の濃度は5ppm以下と定められています。

イチョウ葉エキスの製品規格

  • イチョウ葉エキスを20mg以上含有。
  •  (1粒中、1カプセル中、1包中の含有量として)
  • ゼラチン等の被包材の比率は、1 粒中全重量の50%未満であること。
  • ギンコール酸  5ppm以下

イチョウ葉エキスと相互作用

副作用というより相互作用ですが、血液の流れが良くなるということは出血しやすいともいえます。手術の前は飲むのを中止したほうが良いと思います。

糖尿病の方は特に注意が必要

インシュリンの代謝に影響することがあるので血糖値の数値に注意が必要です。

※高齢者の場合、常時使用している薬があると思います。この場合、イチョウ葉エキスとの飲み合わせの問題が出る場合があります。医者に聞くのが一番ですが、イチョウ葉エキスを飲んで、万が一、頭痛や蕁麻疹など異変を感じたら直ちに服用を中止しましょう。

イチョウ葉エキス 副作用のまとめ

糖尿病や持病、アレルギーがある方は要注意。また、なんらかの薬を飲んでいる場合は飲み合わせをかかりつけの医者に相談しましょう。なにより大事なのは飲む量を適量に保つことです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする