「笑い」と認知症予防は関係ある?

認知症の特徴の1つは記憶力が弱くなるということにあります。では記憶力が良くなれば防げる、、かもしれないですね。


Laughing / Jo Jakeman

笑いはガンに効くという説もあります。笑うことは様々な効果があるようで一日一回笑うだけでなんと記憶力がアップするそうです。

■記憶力アップ!

笑いが人体にもたらしてくれるものは、実に様々です。笑うと、体の中の免疫細胞が活性化することをご存じですか? がん細胞や細菌と戦う力が強くなります。また、笑いは人が感じる痛みも軽減してくれます。笑いが脳に働きかけ、鎮痛作用がある物質が分泌されるためと考えられています。

近年注目されているのは、「笑いが記憶力を高めてくれる」という説です。記憶力は学力アップのコツ! 実は笑うだけで、この力を高めることが出来るのです。

1日1回笑うだけで「記憶力アップ」 – Ameba News [アメーバニュース]

年を取り、連れ合いが亡くなったりするとひょっとすると一日に一回も笑わない日があるかもしれません。特に男性が高齢になると笑わないイメージが有ります。

あの中高年に人気の「綾小路きみまろ」さんのコンサートでイメージできるのは大笑いしているおばちゃんばかりです。なかなかおじさんが大笑いしている姿が想像できません。

やっぱり女性のほうが長生きなのも笑いと関係有るのかもしれませんね。話がそれましたが笑って記憶力が良くなる→認知症予防につながる。これはいいですね。

落語や漫才のDVDも簡単に手に入るし、意識して一日一回お笑いタイムを作ってもいいかもです。

学術的にも興味深いようで様々な資料が発表されています。

www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/pdf/23naiyou/oohira.pdf

研究課題:「認知症予防を目的とした笑いの効果についての実践的研究」 (大阪大学大学院)


Laughing Through Teething / Ashley Coombs


Govanhill photoshoot at the Arches, Glasgow: Laughing / TheArches

笑顔を見ているといつの間にか私も笑顔になっていることに気づきます(笑) 不思議ですね。

笑いは認知症予防に大いに効果がありそうです。少なくともデメリットはありません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする